2016年9月13日

妊活アイテム

ATTENTION

身体的な問題がない場合、

“不妊治療”不要です!

950_mini_top_2b800d2

Check it!

日本女性の第1子を生む平均年齢は?

30.6

不妊治療で3人に1人の支出は?

200万円以上

NK_A2

 

One Point!
現在、赤ちゃんの約4人に1人は35歳以上の母親から産まれています
不妊とは…

 

不妊の定義

WHO(世界保健機関)による定義は、

「子供を望むカップルが避妊せず自然な性生活がありながら妊娠に至れない状態が1年以上にわたること」を不妊(症)としています。

 

※ここでいう期間は、その時代における目安であり、時代と共に変わり、近年の日本においても2年から1年と変更されています。

まるでギャンブル

不妊治療

不妊治療

30ヶ月300万円支出

即ち、24ヶ月で240万円支出でも懐妊の確率が低いということ

これが不妊治療は、まるでギャンブルと言われる理由

*参考:毎日新聞「経済プレミア」育児サバイバル

 

必読!

智子さんは、不妊に効くという高価な漢方薬を購入したり、自分のホルモン数値や卵の成長をブログに記録したりと、ほかの多くの患者と同じように治療にのめり込んでいきました。1カ月およそ30万円を治療につぎ込んでいるうちに、「まるでギャンブルのように、金銭感覚がまひしてきた」といいます。

2年半で使ったお金は300万円以上。1度妊娠しましたが、流産し、出産には至っていません。40代前半女性の体外受精による出産率は、1回1〜8%程度。これ以上お金をつぎ込んでも、子どもを授かる確率は低いのです。 引用元:増える不妊治療「子供を持つのは当たり前」なのか

時間と費用

950_mini_top_006

 

Notice!

※40代前半女性の体外受精による出産率は、1回1〜8%程度(1回30万〜50万円で5~10日程度通院が必要)。

不妊治療患者のうち、2人目不妊の治療をしている人の割合は2〜3割(仕事と育児と不妊治療の同時進行は非常に厳しい)。

 

950_mini_top_2c800

 

lp_pink_down_01

真・妊活

 

真・妊活

真・妊活950_mini_top_2c800

3ヶ月で24万円支出

(6ヶ月でも24万円支出で懐妊)

※初期費用のみで結果が出る短期スピード懐妊

 

うれしい副産物
さらに「妊活アイテム」としてでなく、「産後ケア」にも使え、日々の健康管理にも使え、二人目の子の妊活にも活躍するところが特筆すべき大きな副産物

950_mini_top_2b800c2800

Check it!

次の項目で1つでも当てはまる方は、真・妊活をおススメします。

働きながら妊活をしたい。

賢く妊活をして健康な子を授かりたい。

今まで貯めた貯金をできるだけ使いたくない。

どうしても二人目の子がほしい。

できるだけ早く一人目の子がほしい。

身体的な問題がないので不妊治療には疑問をもっている。

経済的な負担が大きくもうこれ以上の不妊治療は限界と感じている。

Important!

短期スピード懐妊を可能にする『真・妊活』の特長

自宅でできる。通うような無駄な時間は一切なし。

仕事・育児・妊活(二人目)の同時進行ができる。

掛かる費用は、不妊治療の1/10!

自宅で時間が許される限りひたすら妊活アイテムに座っているだけ!

mini_yoga_porse2_fb_1200

懐妊までの期間は、3~6ヶ月。

950_mini_top_007

妊活アイテム

真・妊活を可能にする人気の『妊活アイテム』

【スピード懐妊 3STEP】

 

STEP 1  冷え解消

STEP 2  五臓六腑活性化

STEP 3  生体リズム正常化(生理28日周期)

SBmini_pm_320_20160219

特別価格 240,000円(税・送料込)

※1 本製品は受注生産性(ハンドメイド)のためご注文から約4週間後のお届けになります。

 

 

Congratulations!

お喜びの声

お仕事、育児をされながら『妊活アイテム』で二人目の赤ちゃんを授かったお喜びの声をお寄せいただきました。ご出産おめでとうございます!

fujiierisama_postcard20151112_FB800

  

妊娠することを目的とせず健康な子供を産むことを目的にすることが大切!!

funin_chiryo_yamedoki

最新記事の要約

産経新聞 2016年9月19日(月)付 【生活】「次は妊娠するかも」では、35歳で一つ下の男性と結婚後、37歳になってもなかなか子供ができず、WHO(世界保健機構)で定義している「子供を望むカップルが避妊せず自然な性生活がありながら妊娠に至れない状態が1年以上にわたること」いわゆる「不妊」という状態がつづいており、不妊専門クリニックで治療を開始。体外受精で妊娠し、平成23年に出産。しかし、問題があり生後2カ月で亡くしている。

体外受精にかかる費用は1回当たり50万円ほど。治療総額は1千万円近く。治療をしているとあっという間に時が過ぎる。暗いトンネルの中にいるみたい」という。日本産婦人科学会によると、26年に生殖補助医療を受けた女性で出産した人の割合は30歳で20.6%、40歳で8.8%、45歳で0.8%と急降下する。一方、流産率は30歳が17.1%なのに対し、40歳で35.2%、45歳で66.1%と急上昇する。

新生児の21人に1人が体外受精で生まれ、不妊治療をする夫婦は6組に1組といわれる。また不妊治療費用は100~200万という人が全体の24.8%を占めているとあります。

※注意 このデータはあくまでも日本産婦人科学会によるものであること、いわゆる「不妊治療(生殖補助医療)」という方法を取った場合の統計である。

私たち人間が本来かねそなえた偉大な自然治癒力を尊重すべき

funinchiryo_sankei20160921_2024

最新記事2の要約

産経新聞 2016年9月20日(火)付 【生活】「夫婦の決断に納得を」では、35歳の時に2歳年上の会社員の夫と結婚。37歳で治療開始。勤めていた会社も辞め治療中心の生活に。5年後(42歳)に体外受精で妊娠するも3カ月で流産。

"治療の限界"というキーワードがポイント。第三者に頼るのではなく自分をよく知り自分の身は自分で守る時代に突入している。いくら科学、医術が進歩したといっても全体のどれくらい進歩したのかを考える時、分母が未知数(無限大)の場合、分子を100年間でいくら積み上げてもなかなか数値は変わらないといわれる。小宇宙といわれる私たちの身体を健康な状態に保つように働いている偉大なる自然治癒力を尊重すべきであることを紀元前にすでに「疫学の父」と言われたヒポクラテスが説いている。

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。