2016年9月16日

福利厚生サービス支援(女性力を活かす環境創出)

hd_175x175

ヘルスドクターは、会社規模を問わず現代社会における現代人のための「大きな費用対効果」、「脱ハコモノ」、「格差解消」、「機密情報漏洩防止」を実現する"WinWin福利厚生サービス"を提供します。

人件費ゼロ、メンテフリー、低消費電力(24時間30日継続運転時:1000円未満)、設置施工不要(シングルソファのためただ置くだけ)。

□ 離職率低減 □ 採用率UP □ 業務効率アップ □ 生理痛休暇不要化 □ 妊活支援 □ 冷え取り支援 □ 首・肩こり解消 等をお考えの責任者の方はぜひご一考ください。

福利厚生の現状と抱える課題

1)法定外福利費の現状

日本経団連による福利厚生費調査では、2012 年度における企業の福利厚生費は、従業員1人1ヵ月当たり 104,243 円、このうち、法定福利費は78,948 円で、法定外福利費は 25,296 円となっています。
よって、従業員1人1カ月当たり法定外福利費が約2万5千円となっていることがわかります。

2)福利厚生のメリット

福利厚生は、低コストで様々な経営的効果の実現が可能である。

3)グローバル時代に突入した現在の課題

年功処遇・終身雇用の時代が終焉し、個人の「成果主義」の拡大、非正社員化、ICT(※1)の普及による職場環境の変化により、組織力と人材力の活性化が課題。
※1 Information and Communication Technology

4)求められる現代の戦略的福利厚生

採用力を高め、従業員満足度を向上させ、企業の生産性向上等に寄与する施策が求められる。

■「脱ハコモノ」化は当然の流れ
福利厚生のコスト削減に大きく寄与する。

■「格差解消」が大きな課題
今までは公平でなくても公平感を持たせるよう取り組んで来たが、グローバル時代における現代社会はそれがなかなか難しくなってきている。
勤務時間を考えても、定時制、フレックス制、シフト制と勤務時間がまちまちである。雇用をみても、正社員、非正社員と分かれ、さらにパート、アルバイトもある。

5)効果的な福利厚生制度の構築

従業員満足度の向上、制度利用のターゲットを正規従業員だけでなく非正規従業員まで拡大し、ニーズに着実に応える制度設計が必要。
もし、正規従業員、非正規従業員の両方に満足のいくものが構築できれば、非正規従業員の定着にもつながることになる。

では、「大きな費用対効果」が期待でき、「脱ハコモノ」と「格差解消」を実現する『福利厚生サービス』は、構築可能か…

o0456045812857651011

ICT普及で健康管理・維持に弊害

 
オフィスの環境を考えると、ICT(Information and Communication Technology)の普及で大変便利にはなったものの、そこで業務を行う人には別の問題が生じてきています。便利になった分業務量が増加し、VDT(Visual Display Terminals)症候群やエコノミー(座りっぱなし)症候群というものがとりざたされるようになりました。

また、ICTの普及の関係で冷房が必要になり、あまり動かずに長時間デスクワークをしている人には、体温を奪われやすく体の冷えが問題になります。

例えば、常夏のハワイでは、ビル内での業務に携わっている人は一年中クーラーがきいているため冷え性になる人が多いといいます。

クーラーがきいた室内で長時間座ったままパソコンを使った業務は、知らず知らずのうちに体に大きな負担をかけてしまっています。室内温度が低いため体温を奪われ、座った状態では下半身への血流が滞りがちでさらに冷えを冗長します。血流が滞ればうっ血となり、習慣的になればいずれその人の弱い部分から症状として表出してきます。
VDT(Visual Display Terminals)症候群やエコノミー(座りっぱなし)症候群をはじめとして次のようなものがあります。

□ 首・肩こり □ 下痢・腹痛 □ むくみ □ 風邪を引きやすい □ 膀胱炎 □ 前立腺の滞り □ 手足が冷たい □ 肌荒れ(吹き出物) □ 腰痛 □ お腹が冷たい □ 生理痛 □ 不眠 □ 疲れやすい □ 頭痛 □ 便秘 □ 目が疲れる

そして、「成果主義」の拡大により、個人は生産性の向上、短期的な成果が要求されます。そのためチームとしての一体感の維持が難しくなりがちで職場のストレス度が増大してきます。それがさらにすすんで、メンタルヘルスにも悪影響が及んできます。

o0456045912860102536

費用対効果・脱箱物・格差解消

 
「福利厚生サービス①、②」で触れた内容に対して具体的にどうすれば「大きな費用対効果」が期待でき、「脱ハコモノ」と「格差解消」を実現できるのでしょうか。

まず、一般的に、コスト削減効果や脱ハコモノを考えた場合、インソーシングよりアウトソーシングの選択が行われます。それは自社で行うよりも高い付加価値が享受できるというメリットがあります。アウトソーシングにより高付加価値が享受できるので社内にノウハウが蓄積されないことは仕方のないことですが、外部資源の利用により情報流出のリスクが大きなデメリットとなることがあります。特に社内に人が出入りするような出張型サービスは注意が必要となります。

次に、正規従業員と非正規従業員の両方のニーズに応え満足度も向上させることで格差解消を実現し、非正規従業員の定着につなげることも重要です。さらに来客したクライアント様にも同等の満足度を提供できればこの上ないことでしょう。

そして、個人の成果主義の拡大による組織力の低下とそれに伴う職場でのストレス度の増大によるメンタルヘルスへの悪影響も生じてきますので、人材力と組織力の活性化、そして格差のないヘルスケアの提供も重要となります。

既述したことを低コストで実現できれば、大きな費用対効果が十二分に期待できることでしょう。

o0456045812864097377

WinWin福利厚生サービス

 
福利厚生のメリットを考えたとき、企業側から見た場合と、社員側から見た場合の二つの立場があります。
「大きな費用対効果」が期待でき、「脱ハコモノ」と「格差解消」の実現は、企業側から見た場合ですが、社員側から見た場合はどうでしょうか。

デスクワークの多いITエンジニア達が福利厚生で一番関心を持っているのは「健康」関連であるということが各調査で明らかになっています。それはICTの普及によって職場環境が変化し、VDT(Visual Display Terminals)症候群やエコノミー(座りっぱなし)症候群をはじめとする心身に対するさまざまな影響を考えれば自明ともいえます。

仕事による疲労の蓄積が休日にまで影響してくると「ワークライフバランス」も崩れ充実した人生を送るのが難しくなっていきます。過労死などはその家族の方の人生に重大な影響を与えてしまいます。

仕事に追われる生活が続くと忙しさに追われ健康管理がどうしてもおろそかになりがちです。仕事によって蓄積された疲労、ストレスを給与(賃金)から支払っていては何のために仕事をしているか分からなくなってしまいます。
何と言っても人は、身体が資本ですから「健康」を維持することが肝要です。会社での疲労、ストレスなどは会社で解決できるのが一番理想でしょう。

そこで社員側として忘れてはいけないのは、
「待遇」=「賃金」ではなく、「待遇」≠「賃金」
「待遇」=【福利厚生】+「賃金」であることです。

社員側も「福利厚生」にさらなる関心を持つ必要があります。

o0456045812875567702

WinWin福利厚生サービスを今すぐ問合せる

よもぎスパシステムを見る

人気の妊活アイテムを見る